• 美千代

区切りの年、感謝の時

この間、うちの息子が十八歳になり家族でお祝いをしました。


いつも私を気遣い、助けてくれる息子。


三歳から地図を読み、カーナビ代わりになってくれ

五歳でベジタリアン宣言し

身体にいいクリーンな物だけを食べてくれていたり

勉強も何も言わずとも自分でコツコツやってくれる。


幼い時は妹と喧嘩をしたりして、

みんなが少しイライラしていた時期もあったけど

でもその理由は妹が私に対して少し反発をするようになった事を咎めるためだったり、


彼はいつも私の事を思っていてくれてたのを思い出し、懐かしく思う。





私は自分の親の子育てに大不満だったから




私に子供がいなかったら

今の性格もなかったと思っている。


前は本当に気が短くて大変だった。

特に疲れていると感情が揺れてそれが怒りに変わっていた。



子供がいた事で自分が幼少時代に自分の親とどう関わってきたかが

エグいくらいにそのまま出てきて本当に戸惑った


私は自分の親の子育てに大不満だったから



私はそれを受け継ぎたくない

自分はその嫌な部分を子供に押し付けたくないって思って

だから戸惑ったんだね。



見たくない自分を克服する為に


自分の中にあった怒りと向き合い

子供は自分の所有物だという幻想を捨て

年に関係なく子供を一人の人間として対等に対話していくという事を選んだ。




子供がいなくても普段からできてる人もいるけど、


私はそれを敢えて子供から学ぶ事を選んできてたのね。



今では腹の立つ事もなく

疲れたら休む、自分を追い詰めて頑張らない


気楽にさせてもらってると思う。



子供たちには本当に感謝しています。

私を成長させてくれてありがとう



特にうちの息子はもう18歳!

長生きしてくれてる!

って心から嬉しく思う。


愛してるよ!





6 views

Recent Posts

See All

言葉以外の世界

小さな事が気になる時があります。 特に小さな子供に対する対応とか 何日もあとでふと、 あ、あれは違う言い方ができたよね って反省したり。 この間友達の子供も一緒にお茶をした際 別れる時に お母さんが子供に 「じゃあさようなら言ってね」 って言った時 子供が恥ずかしそうにして 言えなかったので 私は「恥ずかしいのかな?」 って言ってしまったのですが 今思えば 「恥ずかしいのかな?」 って言うことで

​Hibiki Sound Spa

Michiyo Murao

80 Clarendon Street Southbank VIC Australia

​© Hibiki Sound Spa

  • Black Facebook Icon